2019.1.8 始業式・書初大会

2学期後半に活躍した子供たちの受賞を行った後、3学期の始業式を行いました。
インフルエンザの感染拡大を防ぐため、子供たちは全員マスク着用、ジャンパー等を着て体育館に集まりました。


校長先生は、十二支の由来についてお話してくださいました。

始業式の後、中学年、高学年は体育館に集まり、低学年は各教室で書初大会を行いました。
子供たちは冬休みの練習の成果を発揮しようと真剣に取り組んでいました。

2018.12.21 授賞式・終業式

2学期の終業式の前に授賞式を行いました。
今回もたくさんの能町っ子が立派な成績を収めました。


終業式では、校長先生が目標をもって取り組むことの大切さと、冬休みに取り組んでほしいことについて話されました。
生徒指導主事からは、以下の5点について話がありました。

車・・・交通安全に気を付ける。
火・・・火遊びをしない。
金・・・人のものと自分のものを区別する。
人・・・「いかのおすし」を思い出し、不審者に気を付ける。
インターネット・・・個人情報を載せない。ネットで知り合った人と会わない。


ある教室では、始業式、終業式ごとにクイズ形式で振り返っています。
お子さんはどのくらい覚えていますか?ぜひ、チャレンジしてみてください。

2018.12.13 坂本信幸館長の「越中万葉教室」

万葉歴史館の館長である坂本信幸先生にお越し頂き、「越中万葉教室」を開催しました。

万葉集のことはほとんど知らない5年生でしたが、富山県や高岡市に関するクイズから始まり、日本語の歴史にまで至る楽しく深い学びを得ることができました。

大伴家持のお陰で「あいのかぜ」「つまま」等の言葉が今も使われていることや、万葉集に収録されている歌の数では富山県が畿内を除いてNo.1であることなどを聞き、子供たちは「歴史ある富山に住んでいることに誇りをもって生きていきたい」と語っていました。
これからも万葉かるたに親しんでいきたいと思っています。

2018.12.12 保健委員会「歯ピカピカ週間」

保健委員が「歯ピカピカカード」の集計を行っています。
全校児童が1週間に渡って歯磨きの様子を記録しました。

朝昼夜の4日間で計12回のうち、12回磨けた人が100%のクラスにハッピークローバーを配ります。
ハッピークローバーは1年間いろいろな行事で頑張ったクラスに配られ、色団でその数を競い合っています。

2018.12.7 第3回町別児童会に向けて集団登校チェック

12月17日は町別児童会の後、集団下校をします。
町別児童会では、今学期の集団登校の様子を振り返り、冬休み中の町内行事や町内の危険箇所、110番の家の確認などを行います。
それに向けて、12月10日から1週間、班長が集団登校点検カードで①縦1列に並んで歩いているか②間を開けずに歩いているか③気持ちのよい挨拶ができているかの3点を点検します。
今日の長休みに町内会長と各登校班の班長が集まり打ち合わせを行いました。
ご家庭でも声をかけていただけると幸いです。

2018.11.29 感謝の集い

登下校の安全を見守ってくださっている方々や、学校田、花壇の世話、社会科、ものづくり・デザイン科、クラブ活動等でご指導、お世話をしてくださっている方々をお招きし、感謝の気持ちを伝えようと「感謝の集い」を開催しました。

お世話になったみなさんを拍手でお招きし、児童代表が感謝の言葉を述べました。
   
運営委員会がお世話になった場面を再現した劇を披露しました。
 
次に児童代表がお世話になったみなさんに感謝の手紙を読み、全校児童からのお手紙の束をプレゼントしました。 
感謝の気持ちを込めて、全校児童でBelieveを合唱し、交通安全協会の支部長の島田さんより「元気なあいさつでこちらも元気をもらっています」と、ありがたい言葉を頂きました。
  
これからも「おはようございます!」「ありがとうございます!」と、お世話になっているみなさんに毎日、元気なあいさつで恩返しをしていきたいと思っています。

2018.11.28 クリエイティブ・たかおか習字練習

4年生以上の各学年の代表者が昼休みの時間を使って習字の練習を行っています。
学校で書いた作品の中から選んでクリエイティブ・たかおかに出品します。
クリエイティブ・たかおかは、市内小・中・特別支援学校の児童生徒が制作した作品を展示し、子供たちのよさを引き出し、高岡の魅力を発信する展示会です。
今年は12月15日(土)から1月20日(日)まで高岡市美術館で開催されます。
能町小学校からは他にも図画工作科、ものづくり・デザイン科、家庭科作品も出品されます。
観覧料は無料となっていますので、ぜひ親子でご覧ください。

2018.11.22 学校保健委員会「歯は一生の宝物集会」

保健委員会主催で学校保健委員会「歯は一生の宝物集会」を開催しました。
「大人になってからも自分の歯で食べられるように、今から自分の歯を大切にしよう」と、保健委員会でクイズを考えたり、学校歯科医の山本さんの話を聞いたりしました。
PTA保健体育委員会の高桑さんをはじめ、保護者の方々も来校されました。
保健委員会のクイズで、歯肉炎が多いという能町小学校の児童の歯の実態が浮き彫りになり、食後欠かさず歯を磨くことの大切さが分かりました。
今週は「歯ピカピカ週間」です。
朝、昼、晩の1日3回、きちんと磨けているかチェックシートに記録しますので、ご家庭でも声をかけてあげてください。
よろしくお願いします。

2018.11.17 富山県小学生火災予防研究発表大会 銀賞受賞

5年生の代表者が高岡市代表として富山県小学生火災予防研究発表大会に出場しました。
学習発表会で見ていただいた発表内容に、学習発表会での発表や昼食時にミニポスターを配る啓発活動の様子、全校保護者アンケートの結果を追加し、実践の効果が分かる内容にレベルアップしました。
ちなみに全校保護者アンケートでは、「火災予防に気を付けている」という家庭が99.4%という素晴らしい結果になり、子供たちが実践の効果を実感できる結果になりました。9割以上の家庭がアンケートを返してくださり、そのことも子供たちの励みになりました。ご協力ありがとうございました。

お陰様で、銀賞を受賞することができました。
表彰式の講評では、分担して書き上げた台本の構成のよさや怪人一人一人が動きを工夫していることなど、子供たちのアイディアを出し合い、楽しみながら取り組んできたことを認めてくださいました。
今後も学校、家庭、地域のためによいと思うことを実践していく子供たちの育成に努めていきます。

2018.11.2 こども能楽ふれあい教室

5年生が高岡市芸術文化団体協議会の出張公演で「こども能楽ふれあい教室」を行いました。
最初に「お能」のお話を聞いて、舞囃子「船弁慶」を見せていただきました。そのあと、仕舞、謡、大鼓、小鼓、笛、太鼓の6つのワークショップを体験させていただきました。
子供たちはリコーダーとは音の出る仕組みの違う横笛に挑戦したり、能面をかぶってすり足で歩いたりするなど、伝統ある能楽の楽しさを感じていました。